NEW!!→焼き鳥は究極のキャンプ飯だと感じた話

御池野鳥の森公園キャンプ村(宮崎県)-細かすぎるキャンプ場レポ

【御池キャンプ村】御池を一望できるYサイト

こんにちは、ポポです。

今回は、宮崎県西諸県郡高原町にある御池野鳥の森公園キャンプ村に見学に行ってきましたので、場内について画像付きでレポートします。

こちらのキャンプ場の特長は以下の通りです。

  • 火山湖を一望できる湖畔キャンプ場
  • 大自然が感じられるロケーション
  • 年間パス制度あり!

というわけで、紹介記事へいってみましょー

注意
この記事は2021年4月時点の情報です。最新の情報は直接キャンプ場へお問い合わせください。

基本情報

【御池キャンプ村】駐車場にある石碑

名称/所在地

奥霧島 御池野鳥の森公園キャンプ村
宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田長尾

標高

327m

営業期間/休業日

通年営業/木曜定休

予約方法/予約開始日

予約は電話で受け付けています。予約開始日については、新型コロナ感染拡大防止のためスケジュールが変則的になっているそう。2021年4月時点では、翌月末までの予約を受け付けていました。

また予約時にサイトの指定はできないとのこと。平日など空いている時期は問題ないそうですが、週末や連休などは希望するサイトを利用できないこともあるようなのでご注意ください

ポポ

予約時に相談してみるとイイかも

詳細情報

場内マップ

【御池キャンプ村】場内マップ

御池野鳥の森公園キャンプ村は国指定野鳥の森公園内にあるキャンプ場です。すぐ目の前には、水深103m周囲4km火山湖御池」が広がっています。

テントサイトについて

サイトは7つのエリアに分かれており、うち5つのエリアでは車の横付けOKで、残り2つのエリアは車の乗り入れ不可です。また一部のサイトではAC電源の利用が可能です。

ポポ

各サイトについては、記事後半で詳しく紹介します!

料金

利用料金は人数分の管理費各利用料が必要です。

管理費(3才以上) 220円
テント1張 1,600円
タープ1張 540円

【御池キャンプ村】年間パスポートあり

また御池野鳥の森公園キャンプ村では、年間パス19,800円で販売されていました!1年間なん度でもテント泊ができ、レイトチェックアウト電源・シャワー無料など特典も充実しています。

チェックイン/チェックアウトの時間

チェックイン 14:00~17:00
チェックアウト 翌11:00まで

デイキャンプ利用について

利用時間は11:00~15:30です。

利用料金は人数分の管理費各利用料が必要です。

管理費(3才以上) 110円
テント1張 800円
タープ1張 270円

レンタル品

レンタル品は炊飯セットBBQ炉セットハンモックテーブルイス食器セットなどがあります。

ゴミ回収について

【御池キャンプ村】ゴミ捨て場

管理棟の近くにゴミ捨て場があり、生ゴミ資源ゴミ無料で捨てることができます。その他は基本的に持ち帰りですが、燃えるゴミ1袋600円で回収していただけます。

【御池キャンプ村】灰捨て場

ゴミ置き場のすぐ横には、灰捨て場もありました。

ペットの同伴

ペットの同伴OK

ペットの同伴OKですが、必ずリードを使用しましょう。

焚き火

キャンプ場での焚き火について

焚き火は焚火台を使用すればOKで、直火は禁止です。

花火

手持ち花火

花火は手持ち花火のみOKで、管理事務所横の指定場所で楽しめます。

ペグの刺さり具合

今回は見学のため、割愛します。

設備と施設

管理事務所

【御池キャンプ村】管理事務所

到着したら、まずこちらの管理事務所で受付をします。

トイレ

【御池キャンプ村】場内マップ(トイレ)

御池野鳥の森公園キャンプ村にはトイレが3カ所あります。

A.西側のトイレ

【御池キャンプ村】西側にあるトイレ

キャンプ場の西側SNサイトのすぐ隣にあるトイレです。

【御池キャンプ村】西側にあるトイレの個室

女性用トイレには洋式タイプがあり、ウォシュレットも付いていました。

【御池キャンプ村】西側にあるトイレの手洗い場

トイレ内の手洗い場です。余裕のあるスペースに、も付いており、キレイに清掃されています。

【御池キャンプ村】西側にある多目的トイレ

また多目的トイレも設置されていました。

B.管理事務所にあるトイレ

【御池キャンプ村】管理棟のトイレ

管理事務所内にあるトイレです。

【御池キャンプ村】管理棟のトイレ個室

女性用トイレには洋式タイプがあり、キレイに清掃されています。

【御池キャンプ村】管理棟の車いす用トイレ

多目的トイレもありました。

C.東側のトイレ

【御池キャンプ村】東側にあるトイレ

キャンプ場の東側SKサイトのすぐ隣にあるトイレです。

【御池キャンプ村】東側にあるトイレの個室

女性用トイレにはウォシュレット付きの洋式タイプがあり、キレイに清掃されています。

【御池キャンプ村】東側にあるトイレの手洗い場

トイレ内の手洗い場は広くて、も付いていました。

【御池キャンプ村】東側にある多目的トイレ

また多目的トイレもありました。

シャワー棟

【御池キャンプ村】シャワー棟

御池野鳥の森公園キャンプ村のシャワー棟管理棟のすぐ隣にあります。シャワーの利用料は1人200円です。

【御池キャンプ村】シャワー棟 シャワーブース

シャワーブースは広く荷物を置くスペースもしっかりと確保されていました。

【御池キャンプ村】シャワー棟 オムツ交換台付きブースあり

一部のシャワーブースにはオムツ交換台も設置されていました。

【御池キャンプ村】シャワー棟 広い洗面台

シャワー棟内には手洗い場もありました。

ランドリー

【御池キャンプ村】ランドリー室

管理事務所内ランドリー室があります。

【御池キャンプ村】ランドリー室

洗濯機乾燥機がそれぞれ2台ずつ設置されています。

▼利用料金
洗濯機 200円
乾燥機 100円

炊事棟

【御池キャンプ村】場内マップ(炊事棟)

御池野鳥の森公園キャンプ村には炊事棟が3カ所あります。

A.西側の炊事棟

【御池キャンプ村】西側の炊事棟

場内の西側コテージ群の近くにある炊事棟です。

広い流し台野外炉作業スペースがありました。

B.中央の炊事棟

【御池キャンプ村】中央の炊事棟

場内の中央SNサイトKBサイトの近くにある炊事棟です。

【御池キャンプ村】中央の炊事棟

広い流し台野外炉作業スペースも多めにあります。

C.東側の炊事棟

【御池キャンプ村】東側の炊事棟

場内の東側KBサイトOサイトの近くにある炊事棟です。

【御池キャンプ村】東側の炊事棟

広い流し台野外炉があり、とてもキレイです。

AC電源

【御池キャンプ村】一部サイトに電源設備あり

一部のサイトで電源の利用が可能です。2021年6月時点では無料でしたが、近いうちに有料化するとのこと。

売店

【御池キャンプ村】管理棟にある売店

管理事務所内売店があります。アイスクリーム木炭乾電池紙皿・紙コップなどが販売されていました。

【御池キャンプ村】管理棟にある売店では薪販売あり

も販売されていて、1束350円でした。

自動販売機

【御池キャンプ村】自動販売機あり

管理事務所の外飲料の自動販売機がありました。

テントサイトの詳細情報

【御池キャンプ村】場内マップ

御池野鳥の森公園キャンプ村のテントサイトは7つのエリアに分かれており、ヤイロチョウアカショウビンなど野鳥の名前を冠したサイト名になっています。

ポポ

それでは各サイトについて順番に見ていきましょう~

Aサイト(車両NG)

【御池キャンプ村】場内マップ(Aサイト)

まずは場内の東側、御池の湖畔沿いにあるAサイト(アカショウビン)です。

こちらのサイトは車の乗り入れは不可です。荷物の搬入・搬出時のみサイト周囲の道に車を停めることができます。それ以外の時間は、キャンプ場入口すぐにある駐車場に車を停めましょう。

【御池キャンプ村】湖畔沿いのA(アカショウビン)サイト

Aサイトのすぐ奥には御池があり、その景色を一望できます。

ポポ

いい景色です!

【御池キャンプ村】湖畔沿いのA(アカショウビン)サイト

サイト内には樹木が少ないので、夏ならばタープを準備しておきたいところ。

Yサイト(車両NG・電源有り)

【御池キャンプ村】場内マップ(Yサイト)

続いては場内の西側湖畔沿いに広がるYサイト(ヤイロチョウ)です。こちらでは電源が利用できます

【御池キャンプ村】湖畔沿いのY(ヤイロチョウ)サイト

サイト内への車の乗り入れは不可ですが、すぐ隣のスペースに車を停めることができるので、それほど不便さを感じることはないでしょう。

【御池キャンプ村】湖畔沿いのY(ヤイロチョウ)サイト

すぐ目の前は御池なので雰囲気が良く、湖畔キャンプを満喫できます。

Oサイト(車両OK)

【御池キャンプ村】場内マップ(Oサイト)

続いては、湖畔沿い中央に位置するOサイト(オオルリ)です。

【御池キャンプ村】湖畔沿いのO(オオルリ)サイト

Oサイトは、車の乗り入れがOKです。

【御池キャンプ村】湖畔沿いのO(オオルリ)サイト

こちらは木が多いため木陰ができやすく、夏は涼しそう。その一方で、陽が入りづらいせいか芝生が生えていない場所が多い印象でした。

SNサイト(車両OK)

【御池キャンプ村】場内マップ(SNサイト)

続いては、SNサイト(サンコウチョウ)です。

【御池キャンプ村】SN(サンコウチョウ)サイト

近くに炊事棟トイレがあるので、利便性は高いサイトです。ただサイト内に樹木が多いため、大きなテントの設営は厳しそうでした。

ちなみに御池野鳥の森公園キャンプ村では、樹木を利用したハンモックの使用は不可だそう。

KBサイト(車両OK)

【御池キャンプ村】場内マップ(KBサイト)

続いては、場内のほぼ中央に位置するKBサイト(キビタキ)です。

【御池キャンプ村】KB(キビタキ)サイト

炊事棟トイレ管理事務所にも近いので利便性が高いです。また地面が平坦でサイトも広々としているので、サイトレイアウトの自由度が高そうでした。

SKサイト(車両OK)

【御池キャンプ村】場内マップ(SKサイト)

続いては、SKサイト(セキレイ)です。

【御池キャンプ村】SK(セキレイ)サイト

サイト内には樹木が多く、まるで森の中にいるような雰囲気です。

【御池キャンプ村】SK(セキレイ)サイト

樹木は多いですが、サイト自体が広いのでサイトレイアウトの自由度は高そうです。

また御池野鳥の森公園キャンプ村では、樹木を利用したハンモックの使用は禁止なのでご注意ください。

KWサイト(車両OK)

【御池キャンプ村】場内マップ(KWサイト)

最後は、場内の西側に位置するKWサイト(カワセミ)です。このエリアだけが川を挟んで孤立しており、トイレや炊事棟まで距離があるので上級者向けのサイトだと思われます。

【御池キャンプ村】KW(カワセミ)サイト

こちらの写真は湖畔沿いにあるKWサイトです。御池の景色が目の前に広がります。

【御池キャンプ村】KW(カワセミ)サイト

そしてこちらの写真は、駐車場側に位置するKWサイトです。細長い形をしています。

その他の宿泊施設について

コテージ

【御池キャンプ村】コテージ(車いす対応トイレあり)

御池野鳥の森公園キャンプ村にはコテージ全9棟あります。コテージの設備はお風呂キッチントイレ洗面台布団冷蔵庫エアコン(有料)があります。

【御池キャンプ村】コテージ

チェックインは15:00~、チェックアウトは翌10:00まで。定員は8名~12名までとコテージのタイプによって異なります。

宿泊料は人数分の管理費各コテージ利用料が必要です。

▼コテージ宿泊料
管理費(小学生以上) 660円
Aタイプ(定員8名)11,000円
Bタイプ(定員10名)14,300円
Cタイプ(定員12名)16,500円
Dタイプ(定員12名)15,400円

高床式バンガロー

【御池キャンプ村】高床式バンガロー

御池野鳥の森公園キャンプ村には高床式バンガロー全3棟あります。バンガローにはエアコン(有料)とお布団がありますが、キッチンお風呂ありません

チェックインは15:00~、チェックアウトは翌10:00まで。定員は6名までですが、布団は3組のみとのこと。

宿泊料は人数分の管理費各バンガロー利用料が必要です。

▼高床式バンガロー宿泊料
管理費(3才以上) 220円
Aタイプ(トイレ無し) 5,500円
Bタイプ(トイレ有り) 6,600円

キャンプ場周辺の情報

入浴施設

御池野鳥の森公園キャンプ村の周辺にある皇子原温泉極楽温泉湯之元温泉を紹介します。キャンプ場ではこちら3カ所の温泉で利用できる入浴割引券がもらえます。割引券は宿泊の方限定当日限り有効です。

ポポ

温泉も楽しみたい方は、ぜひ!

皇子原温泉

宮崎県高原町にある皇子原温泉健康村

御池野鳥の森公園キャンプ村から車で10分の距離にある皇子原温泉です。内湯サウナもあるそう。

利用時間9:15~19:15
定休日木曜日
入浴料大人 380円/小人 200円

皇子原温泉
宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田5631-14

極楽温泉

写真無し

御池野鳥の森公園キャンプ村から車で9分の距離にある極楽温泉 匠の宿です。露天風呂炭酸泉サウナなど様々な温泉があります。

利用時間6:00~22:00
※水曜日10:00~15:00はメンテのため休止
入浴料大人 450円/小人 200円

極楽温泉 匠の宿
宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田7449

湯之元温泉

写真無し

御池野鳥の森公園キャンプ村から車で10分の距離にある湯之元温泉です。こちらでは高濃度の炭酸泉が楽しめます。

利用時間10:00~22:00(最終受付は21:30)
定休日水曜日
入浴料大人 550円/小人 460円

湯之元温泉
宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田7535

まとめ

【御池キャンプ村】湖畔沿いのA(アカショウビン)サイト

御池野鳥の森公園キャンプ村自然たっぷりの環境の中で、御池の景色を堪能できるキャンプ場でした。トイレ炊事棟などの設備がキレイに管理されているのが印象的で、気持ちよくキャンプを楽しめそうです。

【御池キャンプ村】場内マップ(ポポのおすすめはYサイトとAサイト)

ポポのおすすめサイトは、Aサイト(アカショウビン)とYサイト(ヤイロチョウ)です。選んだ理由は目前に御池があることで湖畔キャンプの雰囲気を満喫できることと、芝生がキレイだったことです。

以上、ポポでした。