NEW!!→【福岡】久留米ふれあい農業公園 キャンプ場レポ

保冷効果は?ペットボトルも入る?スノーピーク「缶クーラー350」本音レビュー

snowpeak「缶クーラー350」の本音レビュー

こんにちは、ポポです。

今回は、スノーピークの「缶クーラー350」をレビューします。

▼今回レビューするキャンプギアはこちら

ではレビュー記事にいってみましょ~

「缶クーラー350」の基本情報

snowpeak「缶クーラー350」の本音レビュー

缶クーラー350」は2020年12月に発売されたスノーピーク保冷缶ホルダーです。末尾の数字「350」は、350mLアルミ缶専用であることを意味しています。

▼簡単にスペックを紹介します。

材質
ステンレス
サイズ
直径72×高さ112mm
容量
350mL
重量
120g

snowpeakの2021年度カタログ

購入した経緯について少しふれますと、2020年の暮れにアウトドアブランドのsnowpeakさんから2021年度カタログが自宅へと届きました。ちなみにこのカタログは、スノーピークポイントカード会員の中から一定の条件に当てはまると無料でもらえます。

snowpeakの2021年度カタログ 新製品コーナー

そして誌面の新製品コーナーに掲載されていた缶クーラーを見て、直感的に「コレ欲しい~!」と思いました。

ゴンドーシャロレー日記:ビールで乾杯

実はわたくし、ビールが大好き!とくにキャンプでの乾杯は至福のひとときです。

しかしキャンプでの調理焚き火など他のことに気を取られて、いつの間にかビールがぬるくなってるなんてこともしばしば。そこでこの缶クーラーがあれば、時間が経っても冷たいビールが味わえるということで購入意欲がグイーン爆上がりしたというワケです。

そんなこんなで、発売直後にアウトドアショップで購入。同時発売で500mL缶専用の「缶クーラー500」もありましたが、いつもキャンプで飲むビールが350mL缶だったので「缶クーラー350」にしました。

「缶クーラー350」の特長

缶飲料を冷たいまま飲める

snowpeak「缶クーラー350」の本音レビュー

1番の特長は、缶ビール缶ジュース長時間冷たいままキープしてくれること。製品の表に刻まれたvacuumの文字は「真空」を意味しており、ホルダーの側壁は真空二重構造となっています。

snowpeak「缶クーラー350」は真空二重構造

この真空二重構造による保冷パワーについては、この記事の後半で保冷効果を検証をしてみたのであわせてご覧ください。

シンプルで美しいデザイン

snowpeak「缶クーラー350」の本音レビュー

缶クーラーの最大の魅力は、スノーピークらしさが感じられるシンプル無駄のないデザインではないでしょうか。洗練された飽きのこない装いで、壊れるまでずっと使い続けられそう

また表面の加工美しく、指紋が残ることもありません。

「缶クーラー350」を実際に使ってみた

ここで缶クーラー350使い方について紹介します。

snowpeak「缶クーラー350」の使用方法

まずは缶クーラー傾けて、缶ビールをゆっくり入れます

ポポ

スルスル~と入っていきます

snowpeak「缶クーラー350」内筒にある缶を固定するための突起

筒の中には、缶を固定するため突起3カ所ついています。缶を奥まで押し込むと、この突起に缶がガクッ固定される感覚があります。さらに缶を30度ほど回転させると、缶の保持力がアップするそう。

snowpeak「缶クーラー350」の使用方法

傾けても缶はビクリともせず、抜け出そうな不安感一切ありません。また飲む時には口元に缶クーラーが触れないように設計されています。

最後に缶を外す時は、缶のフチを掴んでグッ引っ張るだけです。

「缶クーラー350」の保冷効果はスゴイ?

缶クーラー350」の特長である保冷効果について検証してみました。

検証の方法について

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証してみた

検証方法はシンプル!まずはキンキンに冷えたビール缶2本用意しました。ひとつは缶クーラー350を装着し、もうひとつはそのままの状態で放置。そして一定時間おきに缶の中の液体の温度を計り、その変化を見ていきます。

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証してみた

ちなみに缶の中身は、ビールではなくです。というのも検証によって炭酸が抜けたり&ぬるくなったりすることが予想でき、そのままビールを使うのはもったいない気がして…。

というわけでビールは別日に美味しくいただき、空いた缶水道水を入れて冷蔵庫冷やしておきました。

ポポ

モッタイナイから、水で検証です!

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証してみた

場所は自宅の縁側。寒い日だと効果が見えにくいのではと思い、天気が良い日に実行しました。おかげで縁側の気温は22.0~29.8℃まで上がり、温暖な環境が整いました。

検証をしてみた

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証してみた

いよいよ検証がスタート!

を冷蔵庫から取り出し、すぐに水温を計ると4.1℃でした。ここからどのような温度変化が見られるのでしょうか。

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証してみた

まずは、そのままの状態で放置した缶から水温の推移を見ていきます。

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証してみた

はじめ4.1℃だったのが、30分後には13.0℃に。「ビールの美味しい温度6℃~13℃」と言われているので、ここがギリ飲みごろでした。

そして1時間後には19.5℃2時間後には28.6℃となり、外気温とほぼ同じ温度まで上がってしまいました。

ポポ

そりゃ当然、ぬるくなっちゃうよね~

snowpeak「缶クーラー350」の本音レビュー

さて、ココからが検証のメイン!「缶クーラー350」を装着した缶です。

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証してみた

4.1℃から検証がスタート。その30分後、水温は6.3℃でまだキンキンに冷えている状態。そして1時間後8.0℃2時間後でも12.9℃でした。

前述の通り「ビールの美味しい温度6℃~13℃」と言われているので、缶クーラーを装着した場合は2時間経っても飲みごろの温度をキープできていました。

検証の結果

snowpeak「缶クーラー350」の保冷効果を検証!温度変化グラフ

そのまま放置しただけの缶缶クーラー350を装着した缶、それぞれの中に入った水の温度変化をグラフにまとめました。温度変化のは、検証スタート後すぐに明白に表れていました

ポポ

保冷効果スゴイな!

結論、缶クーラー350を使えば2時間経っても美味しいビールが味わえる!ということでした。

缶ビール以外にも使えるのか?

snowpeak「缶クーラー350」にペットボトルが入った

ポポはふと思いました。

ポポ

(缶クーラーにペットボトルも入ったらいいのになぁ)

snowpeak「缶クーラー350」にペットボトルを入れる方法

その時に飲んでいたザ・タンサン(490mL/ペットボトル)で試してみたら見事に入ったのでご紹介。ただし、公式の使用方法ではないので、自己責任でお願いしますネ。

snowpeak「缶クーラー350」にペットボトルを入れる方法

缶クーラーザ・タンサンを装着するのは、一筋縄ではいきませんでした。

入れるためのポイントは2つラベルをはがすことキャップを開けることです。キャンプを開け、炭酸を少し抜いた状態にして押し込むと入ります。

snowpeak「缶クーラー350」に入る飲料はどれか

これはイイぞ!」と意気込んで、缶クーラーに入る飲料ほかにもないか調査してみることに。ソフトドリンクお茶など、いろいろな飲料を買ってきて試してみました!

缶クーラーに入らなかった飲料たち

snowpeak「缶クーラー350」に入る飲料はどれか

まずは缶クーラーに入らなかった飲料たちを見ていきます。

▼缶クーラーに入らなかった飲料
コカ・コーラ(500mL/ペットボトル)
ジンジャーエール(500mL/ペットボトル)
生茶 525mL(ペットボトル)
タリーズコーヒー 500mL(ペットボトル)
紅茶花伝 440mL(ペットボトル)
ミニッツメイド 350mL(ペットボトル)

snowpeak「缶クーラー350」に入る飲料はどれか

コカ・コーラは、容器の下部分が出っ張っているため入りませんでした。ジンジャーエール生茶は、入りそうでギリギリ入りません

ジンジャエールザ・タンサンを入れたときと同様に、キャンプを開けて少し炭酸を抜いてから試しましたがやはり無理でした。

snowpeak「缶クーラー350」に入る飲料はどれか

またタリーズコーヒー紅茶花伝短いタイプのペットボトルは底の外周が大きすぎて入らず、ミニッツメイド底が四角い形状のため入りませんでした。

缶クーラーに入った飲料たち

snowpeak「缶クーラー350」に入る飲料はどれか

そして缶クーラーに入った飲料たちです。

▼缶クーラーに入った飲料
三ツ矢サイダー 500mL(ペットボトル)
ポカリスエット 500mL(ペットボトル)
お~いお茶 ほうじ茶 525mL(ペットボトル)
タリーズコーヒー 390mL(缶)
ザ 檸檬クラフト 400mL(缶)
ワンカップジャンボ 300mL(瓶)

snowpeak「缶クーラー350」に入る飲料はどれか

三ツ矢サイダーポカリスエット入ったのですが、ユルいので傾けて飲む時には注意が必要です。お~いお茶見事にフィットし、傾けても抜け落ちることはなさそう

snowpeak「缶クーラー350」に入る飲料はどれか

そしてタリーズザ檸檬クラフトボトル缶ぴったりフィット缶ビール使用時と同様安定感があります。そしてワンカップジャンボも入りましたが、これはユルユル~だったの傾けるときは要注意です。

まとめ

snowpeak「缶クーラー350」の本音レビュー

snowpeakの「缶クーラー350」のレビュー記事はいかがでしたか?

ポポは缶クーラー大変に気に入りました!2021年がはじまって間もないですが、今年イチ買ってよかったキャンプギアになりそうな予感です。そしてサイズ違いの「缶クーラー500」も欲しくなってしまいました。

ポポ

多分、そのうち買います

キャンプだけでなく自宅でもガンガン使えますし、缶ビール以外の一部のペットボトル飲料でも使えることから、かなりコスパが高いギアだと確信しています。

またキャンパーさんビール好きな方へのプレゼントにもピッタリな一品です。

▼今回レビューしたキャンプギアはこちら

▼サイズ違いの500mL缶専用バージョン

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。以上、ポポでした。

後日談

snowpeak「缶クーラー500」も買いました!

後日談ですが、やっぱり「缶クーラー500」も買っちゃいました

snowpeak「缶クーラー350/500」

ポポなら30分とかからずに飲み干してしまう350mL缶専用よりも500mL缶専用の方が保冷効果の恩恵を受けるはず!と思い、購入を決断。

snowpeak「缶クーラー500」にペットボトルも入る

また「缶クーラー350」と同様に、ザ・タンサンお~いお茶などのペットボトル飲料も入りましたヨ!

ポポ

以上、ご報告でした