NEW!!→【福岡県】御飯屋おはなのキャンプ場レポ

ノルディスク「アスガルド12.6」の設営手順とキレイに張るコツ

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順とキレイに張るコツ

こんにちは~、ポポです。

今回はポポの愛用テントであるノルディスクアスガルド12.6」について、ポポ流の設営手順キレイに張るコツをまとめてお伝えしたいと思います。

「アスガルド12.6」とは

デンマークのアウトドアブランド『ノルディスク』から発売されているベル型テントで、ポポが秋冬~春の寒いシーズンに愛用している幕です。

アスガルド購入を検討している方や、初張り前の方の参考になれば嬉しいです。

ポポ

我流なので、その点はご了承ください

それではまとめ記事にいってみましょ~

設営前の準備

ペグは何本必要か?

ノルディスク「アスガルド12.6」付属のVペグ26本

▲アスガルドに付属しているVペグ

ポポが「アスガルド12.6」の設営に使用しているペグの本数は25本です。ところがアスガルドに標準で付属している純正ペグは26本

この1本の差分は何なのか?

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順(出入り口上のガイロープはペグダウンしていない)

ポポはいつも、テント入口の上から伸びるガイロープにペグを打っていません。なぜならココをペグダウンすると、テントを出入りする際にロープが邪魔になってしまうから。

アスガルドの設営に使用するペグの本数

ちなみにポポは付属の純正ペグは使用せず、使い慣れたスノーピーク鋳造ペグソリッドステーク30×24本ユニフレームピンペグパワーペグSUS200×1本計25本を使用しています。

ユニフレーム UNIFLAME パワーペグSUS200

1本だけ使用しているピンペグは、フロアシートの出入口用です。

テント入口には鋳造ペグよりピンペグがおすすめ

地面に埋まるタイプのピンペグは出入口に使用するのに最適です。ソリッドステークのような鍛造ペグはヘッドが地面から突き出るので、出入口での使用は避けたいところ。

ポポ

つまづいたりすると危ないからね!

グランドシートは必要か?

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順(グランドシートを敷く)

グランドシートとは、テントの下に敷く保護シートのことです。ノルディスクからアスガルド専用グランドシート販売されていませんが、何かしらのシートを準備することをオススメします!

というのも、シート1枚あるだけで撤収がとても楽になります。テントを地面に直敷きすると、フロア裏結露したり、砂や草が付着してしまいます。そんな状態のままで収納・保管すると汚れやカビの原因に撤収の時にキレイに拭けばとくに問題はないのですが、それはそれで手間になってしまいます

ポポ

ぜひともシートを用意しましょう

ブルーシートとグリーンシート比較

ちなみにポポが使用しているのは、ユタカの「ODグリーンシート#3000」です。グリーンシートの良いところは、その色のおかげでテントの下からチラッと見えても違和感がないところ。やはりブルーシートだとかなり目立ちます

サイズ3.6m×5.4mを選びました。アスガルドのフロアサイズには合わないので、ハミ出す部分は折り込みます

▼ポポが使用しているシートはこちら

設営手順とキレイに張る方法

アスガルド12.6」の設営手順について、キレイに張るコツをまじえながら紹介します。

1.グリーンシートを広げる

アスガルドを地面に広げる

まずフロア裏の汚れ防止用としてグリーンシートを敷きます。前述の通りシートは必須ではありませんが、何かしらのシートを敷くのがオススメです。

2.フライとフロアを接続(初回のみ)

ノルディスク アスガルド12.6の設営(テントを広げる)

グリーンシートの上にテントを広げます

ノルディスク アスガルド12.6(フライシートとフロア)

初設営の時はフライシートフライ別々の状態なので、2つを接続する必要があります。接続部はファスナー式になっているので、上下の位置を合わせて焦らずゆっくりファスナーを閉めるだけでOKです。

ポポ

焦るとファスナーが噛みがち

余談ですが…ポポはいつも、フライシートフロア接続したままの状態片付けをしています。接続したままの状態でも収納袋に入るし、次回の設営時間大幅に短縮できます

3.フロアをペグダウン

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順(出入口のフロアリングにペグを打つ)

テントを広げた時にテントの向きを決めて、出入口の場所を確定させます。そして出入口にあるフロアのリングペグを打ちます

出入口をペグダウンしたら、その反対側へと移動。そして出来る限りフロアを引っ張ってから、その箇所のフロアのリングにペグを打つのがキレイに張るコツです。ここでフロアをしっかりと伸ばしておかないと、中がシワッシワの状態のまま設営してしまうことに。

ポポ

床がシワシワだと、とても気持ち悪いです

その他の箇所もフロアをピンと伸ばすようなイメージで、引っ張りながら順次ペグを打ちます。またこのタイミングで、はみ出ているグランドシート内側に折り込みます

ノルディスク「アスガルド12.6」フロアシートをペグダウン

ここでのポイントは、出入口以外のペグ浅めに打つこと。最後にフライのベルトスカートのゴムリングをペグに引っかける必要があるので、その分の隙間を空けておきましょう。

4.ポールを立てる

ノルディスク アスガルド12.6設営手順(ポールを組み立てる)

ポールを組み立てます。アスガルドで使用するポールは2本センターポール出入口のA型ポールです。組み立て方法は、ポールを伸ばして各節を差し込むだけ

ノルディスク アスガルド12.6の設営(ポールを立てる)

次にテントの中に入り込んで、ポールを立てます。まずはセンターポールから。センターポールは長さの調節が可能なので、はじめは1番短い状態で立てておきます。

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順(入口のAフレームを設置する)

次に出入口のA型ポールを立てます。中央部を出入口上にある穴に差し込み、脚はフロアのポケットに入れます。

ここでソッテントから出ましょう。ポールがグラグラと安定しないので不安に感じるかもしれませんが、強風が吹き荒れる日でない限り倒れることはありません

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順(フライをペグダウンするときはテントの出入口を閉める)

そしてココでのポイントは、出入口のファスナーを閉じること。開けたままの状態で次の手順に進み出入口の両サイドにあるガイロープを張ってしまうと、あとになって「あれ?ファスナー閉まらない!泣」なんてことも。

ポポ

閉まらなくなった経験アリ

5.フライシートをペグダウン

アスガルドの中央ポールを入れる

次はフライシートのガイロープペグダウンしていきます。

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順(対角線上にペグダウンする)

この時に端から順にペグを打つのではなく、「1カ所打ったら次はその反対側…」というように対角線上の位置を順次ペグダウンしていきましょう。相対する位置でバランスを取りながらほどよくテンションをかけるのがキレイに張るコツです。

そしてココでのもうひとつのポイントは、このタイミングでロープを張りすぎないこと。テンションをかけすぎると、最終調整時にセンターポール伸ばすことができなくなるのです。

ポポ

張り綱をパツパツにしないようにご注意を

6.最終調整して完成

アスガルドのペグダウンをして張り綱ピン

いよいよ最終調整です!

まずはテントの中に入って、センターポール高さを調整します。1番短い状態になっているはずなので、幕の張りに余裕があればポールを伸ばして高さを調整します。

そしてテントから出たら、ふたたび出入口のファスナー閉めておきましょう

ノルディスク アスガルド12.6の設営手順(ペグにフライシートのベルトとスカートのゴムリングを引っかける)

その後、フロアリングに打ったペグにフライシートのベルトスカートのゴムリングを引っかけます。フライシートのベルト長さの調節が可能なので、ここでテンションをかけましょう

そして最後に、フライシートのガイロープしっかりテンションをかけます。これで幕の表面がパリッとし、全体がキレイに見えるはずです。

熊谷牧場・雛戸 ブルーベリー・キャンプガーデンのテントサイトから由布岳と鶴見岳が一望できる

これで設営が完了です!

ポポ

おつかれさまでした~

最後に

ノルディスク アスガルド12.6

アスガルド12.6」の設営手順キレイに張るコツまとめはいかがでしたか?

ハッキリ言って、打つペグの本数は多いです。しかし設営方法は非常にシンプル!なので慣れてしまえば早いです。

では最後に、設営のコツをおさらいしておきましょう。

  • グランドシートはぜひとも用意したい
  • フロアは引っ張ってからペグ打ち
  • ポールを立てたあとは出入口を閉める

ポポ

設営の参考になれば嬉しいです

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。以上、ポポでした。

▼こちらの記事もどうぞ

ノルディスク アスガルド12.6秋冬キャンプにぴったり!ノルディスク「アスガルド12.6」の本音レビュー ノルディスク「アスガルド12.6」と相性が良すぎるキャンプギアまとめ「アスガルド12.6」と相性が良すぎるキャンプギアまとめ