NEW!!→[熊本県]木魂館の細かすぎるキャンプ場レポ

座布団・枕にもなる!スノーピーク「マット&ピロー」の本音レビュー

スノーピーク「マット&ピロー」

こんにちは、ポポです。

今回は、スノーピークの「マット&ピロー」をレビューします。

▼今回レビューするキャンプギアはこちら

キャンプ用マクラ座布団の購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。では、レビュー記事にいってみましょ~

「マット&ピロー」を買った理由

スノーピーク「マット&ピロー」キャンプ用マクラ遍歴

マット&ピロー」を購入した理由を語る前に、ポポのキャンプ用マクラ遍歴を簡単に紹介します。

Hikentureのウルトラライトピロー

はじめてのキャンプ用マクラは Hikentureの「ウルトラライトピロー」です。

初キャンプ直前にキャンプ用マクラを持っていないことに気づき、急いでAmazonで購入。価格が手ごろレビュー評価点が高かったので、コチラに決めました。

しかし実際に使ってみると、頭が枕の上で滑ってフィットしません。そして半年ほど経つと寝ている間に空気が抜けるようになってしまい、買い替えることに。

ポポ

ポポには合いませんでした

 

イスカ(ISUKA) のノンスリップエアピロー

続いて2代目は、ISUKAの 「ノンスリップエアピロー」。こちらも手ごろな価格Amazonのレビュー評価点が高かったアイテムです。

裏面はノンスリップ加工になっているのですが、体を動かすとヌルンッ滑ってしまいました

そして気になったのは枕のフィット感が無いこと。空気量の調整眠る姿勢など試行錯誤してみましたが、しっくりくる頭の置き場所が見つからずなんだかとても落ち着かないのです。

ポポ

この枕もポポには合わず…

エアー枕との相性が悪い

2つのキャンプ用マクラを経て、ポポは自分がエアー枕と相性が悪いということに気づきました。

空気がパンッパンでも空気が少し抜けてポヨポヨに柔らかい状態でも、どちらも頭がフワフワと安定しない感じがしてすごく苦手なのです。

スノーピーク「キャンピングマット2.5w」の寝心地について

そしてエアー枕との相性が悪いポポが辿り着いたのが、スノーピークの「マット&ピロー」。スノーピークの「キャンピングマット2.5w」を購入する際に、同シリーズの「マット&ピロー」も勢いで購入してしまいました。

正直、枕としての機能に対して過度な期待はしていませんでした。「枕としてイマイチでも、座布団として使えればいいし!」という気持ちで購入したというわけです。

「マット&ピロー」とは

スノーピーク「マット&ピロー」

マット&ピロー」はスノーピークから発売されている自動膨張式のエアーマットで、座布団マクラとして使用できます。

簡単にスペックを紹介します▼

スペック
本体サイズ38×40×3.8cm
収納サイズ直径9×19cm
重量140g
定価3,380円+税

スノーピーク「マット&ピロー」のサイズ感

収納時のサイズはコンパクトで、500mLペットボトルよりも少し大きいくらい。

スノーピーク「キャンピングマット2.5w」と「マット&ピロー」に付属するリペアキット

▲付属のリペアキット

そして付属品には、収納ケースリペアキットが付いています。

スノーピーク「キャンピングマット2.5w」と「マット&ピロー」に付属するリペアキット

リペアキットには修理手順の説明書補修剤補修パッチ4枚が入っていました。小さな穴破れなら、このキットで修理が可能です。

「マット&ピロー」の特長

座布団と枕の2WAY仕様

スノーピーク「マット&ピロー」は座布団と枕の2WAYで使える

マット&ピロー」の最大の特長は、座布団にもマクラにもなる2WAY仕様であること。

スノーピーク「マット&ピロー」枕の作り方

2つ折りにして両端のマジックテープで留めるだけで枕になります

スノーピーク「マット&ピロー」はクッションにも腰枕にもなる

チェアに敷くとクッションにも冬の冷気対策にもなりますし、2つ折りにすれば腰あてクッションとしても使えます。

ポポ

万能か

使い勝手のいいエア調整バルブ

スノーピーク「キャンピングマット2.5w」のバルブ

マット&ピロー」は当ブログでも紹介したスノーピークの「キャンピングマット2.5w」同様、自動膨張式マットバルブからエアの出し入れをします。このバルブの調整方法がとても簡単

開ける時半回転して引っ張り出す閉じる時には軽く押し込んで回転させるだけ。軽い力で開閉でき、使い勝手の良い仕様となっています。

実際に使ってわかったGOODポイント

エア充填はほったらかしでOK

スノーピーク「マット&ピロー」の収納時

マット&ピロー」は自動膨張式インフレータブルマットです。スノーピークの「キャンピングマット2.5w」と同様に、平らな場所に広げてバルブを緩めるだけで自動的に空気が入り膨らんでいきます

スノーピーク「マット&ピロー」バルブを開けて置いておく

シワッシワだったマットが15分ほど経つとふっくらと膨らみました。あとはバルブを閉めるだけ

ポポ

手間ナシです

枕としての性能に大満足

スノーピーク「マット&ピロ」は優秀なマクラだった

マット&ピロー」の枕としての性能は、過去使っていたキャンプ用マクラとは明らかに異なるもので、その寝心地に十分に満足できる枕でした!

ポイントは、枕に頭がほどよく沈み込むところ。頭が枕にフィットして安定するので、とてもリラックスして眠ることができました

これはおそらく「マット&ピロー」に内蔵された軽量ウレタンフォームいい仕事をしているのだと思います。

ポポ

Good Job!

30秒で片付け完了

スノーピーク「マット&ピロー」の片付けは簡単

マット&ピロー」の片付けはとても簡単

バルブを開けて、空気を抜きながらクルクルと巻いて、最後にバルブを閉めます。あとは折り畳んで専用収納ケースに入れるだけ。30秒で片付けが完了です。

ポポ

あっという間に終わります

コンパクトサイズでどこへでも

スノーピーク「マット&ピロー」は手のひらサイズ

マット&ピロー」はキャンプだけでなく、旅行の移動中スポーツ観戦夢の国でのパレード待ちなど普段の生活の中でも活用できるコスパの高いキャンプギアです。

スノーピーク「マット&ピロー」はコンパクトサイズ

そして幅広く使える最大の理由は、持ち運びのしやすさにあります。リュックのサイドポケットにも入るほどのコンパクトさで、重さも140gとiPhoneSE(148g)よりも軽いんです。

ポポ

どこへでも持っていけるね

まとめ

スノーピーク「キャンピングマット2.5w」と「マット&ピロー」と「ハイテンション コット」

スノーピークの「マット&ピロー」のレビュー記事はいかがでしたか?

3回もキャンプ用マクラを買い替えたポポの率直な感想は、もっと早く買っておけばヨカッタ!ということ。「マット&ピロー」に買い替えたことで飛躍的に寝心地が改善され、とても満足しています。

ポポのようにエアー枕との相性の悪さを感じている方今使っているキャンプ用マクラに満足していない方には、ぜひオススメしたいキャンプギアです。

▼今回レビューしたキャンプギアはこちら

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。以上、ポポでした。