NEW!!→[波戸岬・呼子]キャンプついでの名所まとめ

【2020年版】愛用キャンプギアを一挙紹介してみる

愛用キャンプギアを一挙紹介してみる

こんにちは~、ポポです。

今回は高確率で持っていく愛用キャンプ道具を一挙ご紹介します。

ポポ

キャンプ歴2年超のヘビーユースギアのみを厳選!

ヘビーユースギア、つまりは飽きがこないデザイン且つ頑丈で末永く使えるギアだと思います。

なので今回の記事は、「キャンプを始めたいけど何から買おうか」という方のお買い物の参考になれば嬉しいです。

それでは行ってみましょー

テントとタープ

ゴンドーシャロレーでアスガルド設営

▲左 アスガルド/右 エリクサーと焚火タープ

テントは[NORDISK アスガルド12.6]と[MSR エリクサー4]の2幕を季節天候によって使い分けしています。

波戸岬キャンプ場でアスガルド設営しました

基本的に秋~春頃の寒いシーズンは、アスガルド12.6ぬくぬくお座敷スタイル。コットン製で結露しにくいので、意外と撤収が楽チン。

四季の里 旭志:キャンプ日記 テントをタープにインする

そして初夏~初秋の暑いシーズンは、エリクサー4をタープにINして熱さ対策をしています。テントはメッシュ面が多く、風通しが抜群で夏でも過ごしやすいです。

MSRのエリクサー4をタープの下へ

タープは[tent-Mark DESIGNS 焚火タープ コットンヘキサ]を使っています。雨でも焚き火ができるコットン製タープです。影が濃く、夏でもタープ下は涼しくて快適

【関連記事】▶▶▶焚き火タープの本音レビュー

ペグとハンマーとケース

若杉楽園キャンプ場のペグの刺さり具合

ペグは数種類を持っていますが、メイン使いは[snowpeak ソリッドステーク30]。固い地面にもガシガシ刺さる最強の鍛造ペグです。地中に石があるとさすがに曲がることもありますが、ハンマーで叩けば直るという無敵っぷり。

snowpeak ペグハンマーとペグ

そしてハンマーは[snowpeak ペグハンマーPRO.C]です。こちらも銅ヘッドを交換して使い続けることができる猛者

【関連記事】▶▶▶ペグハンマーの銅ヘッドを交換してみた

カインズホーム Kumimoku 道具がさびにくいワンタッチ工具箱

ペグケースにはカインズで購入した[Kumimoku 道具がさびにくいワンタッチ工具箱]を使っています。とても頑丈で使い勝手が良く、2,000円以下という高コスパ!

これらのギアは今後も末永く愛用することでしょう。

テーブルとチェア

四季の里 旭志:キャンプ日記 テントの設営が完了

テーブルは[snowpeak ワンアクションローテーブル竹]、チェアは[snowpeak ローチェア30]を使っています。

ローチェア30はその座り心地に惚れ込み初売りの野遊びセットでテーブルと一緒にまとめで購入しました。ひじ掛けの位置といい、背もたれの高さといい、ちょーどいいんです。

UNIFLAMEの焚き火テーブル

そしてもうひとつテーブルで愛用しているのが[UNIFLAME 焚き火テーブル]。熱に強いステンレス天板なので、熱い鍋やケトルも直置きOKという鍋敷き要らずのサイドテーブルです。

寝袋

Coleman 寝袋 パフォーマーⅢ/C5(オレンジ)

寝袋は[Coleman パフォーマーⅢ/C5]を、真夏以外のほぼオールシーズンで使っています。

はこの寝袋の中に、ニトリNウォーム毛布をイン。洗濯機で丸洗いできるのもお気に入りのポイントです。

焚火台

スノーピーク 焚火台Lサイズ

焚火台は[snowpeak 焚火台L]を使っています。セッティングが簡単で、とても頑丈な造りをしています。これからも末永く愛用しそうなギアのひとつです。

ランタンとランタンハンガー

いつも持って行くギアたち(ほおずき、たねほおずき、バーナー、火吹き棒)

ランタンは[snowpeak ほおずき][snowpeak たねほおずき]を2個ずつ持っています。

【関連記事】▶▶▶たねほおずきの本音レビュー

スノーピーク ほおずきとパイルドライバー

そして夜の屋外で欠かせないのがランタンハンガーの[snowpeak パイルドライバー]。

キャンプへ行く前はランタンハンガーの必要性が感じられず未購入だったのですが、1度キャンプに行ってすぐ気づきました。

ポポ

夜のキャンプにランタンハンガーは必須や!

夜の屋外で自分の頭上に灯りがないことの不便さを痛感。むしろランタンハンガーは2~3本あっても良いかもしれません。

2つのバーナー

SOTOのマイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター

ひとつめのバーナーは、ヨコザワテッパン用に購入した[SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター]。

実は火器の取り扱いが苦手なんです(すこし怖いと感じる)が、そんなポポでも安全&便利に使えています。そして今やお湯を沸かしたり炊飯したりと、1軍ギアとして大活躍。

snowpeak ギガパワープレートバーナーLI

そしてもうひとつは[snowpeak ギガパワープレートバーナーLI]。大きな鍋重量のあるスキレットで調理する時はこちらを使用しています。

クッカーとテーブルウェア

[UNIFLAME]キャンプ羽釜 3合炊き

飯ごうは[UNIFLAME キャンプ羽釜 3合炊き]を使っています。これでご飯を炊いておけば、間違いなし

[UNIFLAME]ちびパン

アヒージョおつまみの調理でよく使うのが[UNIFLAME ちびパン]。

▼ちびパンの蓋は別売りです

スノーピーク キッチンシザーズセット

snowpeak キッチンシザーズセット]も調理のときによく使います。

[snowpeak]クラシックケトル 1.8

やかんは[snowpeak クラシックケトル 1.8]を使っています。購入する時、他ブランドと迷ったんですがフォルムの美しさでこちらを購入。で黒く汚れてきましたが、使うほどに愛着が湧くギアです。

[snowpeak]チタンダブルマグ 450

そしてマグカップは保温性の高い[snowpeak チタンダブルマグ450]を使っています。

クーラーボックスと収納いろいろ

[snowpeak]ハードロッククーラー 40QT

クーラーボックスは[snowpeak ハードロッククーラー40QT]です。保冷力もさることながら、無骨なデザインカラーが気に入っています。

ポポ

これは高かったので、一生使い続けるつもり
【関連記事】▶▶▶ハードロッククーラーの本音レビュー

snowpeakのシェルフコンテナ 50

snowpeak シェルフコンテナ 50]は収納ボックスとして使っています。先に紹介したランタン・バーナー・クッカーなどをポイポイと入れられ、かっこいいデザインもお気に入り。

ユニフレームのフィールドラック ブラック

そしてサイトやテント内での収納整理整頓に役立つのが[UNIFLAME フィールドラック]。

[UNIFLAME]UFダストスタンド4/UFダストスタンドカバー

そしてゴミ箱としては[UNIFLAME UFダストスタンド4]に別売りの専用カバーを付けて使っています。

[UNIFLAME]UFダストスタンド4/UFダストスタンドカバー

スタンドにはレジ袋最大4枚まで引っかけられるので、ゴミの分別とても便利です。

▼別売の専用カバー

最後に

アスガルドとチェアと海

ヘビーユース一軍キャンプギアを一挙紹介してきましたが、いかがでしたか?

日々新たなキャンプギアが発売され、アレコレと目移りすることもありますが、今回紹介したギアは今後も末永く愛用していくつもりです。

その一方で、買ったけど全く使用していない幽霊部員ギアもあります。

ポポ

買い物上手になりたい

ゆくゆくは、幽霊部員ギアについても記事にまとめたいと思いまーす。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。以上、ポポでした。